只今の金額

只今の金額

0円(税込)


かごの中を見る

会員ログイン
メールアドレス

パスワード
パスワードを忘れた方は
こちら

カテゴリ

  • お買い物の流れ
  • 検査薬の選び方
  • 排卵検査薬の使い方
  • 妊娠検査薬の使い方
  • 妊娠応援リンク集
  • よくあるご質問

日本郵便、郵便追跡サービス

PAYPALを利用したクレジット決済について

カレンダー

営業日カレンダー

ピンク色の日は休日です。
ご注文は365日24時間受け付けております。

ご連絡ください

ご注文確認メールが届かない、発送メールが届かない場合、受信拒否設定を解除するまたは別のメールアドレスでご連絡ください。

cissyladyアクセサリーショップ

      
トップ >> 検査薬の選び方

検査薬の選び方

当店では3種類の検査薬を販売しています。初めて検査薬を使う場合、どちらを選択したほうがいいですかという質問がよくあります。確かに、ブランドにより、判定結果が若干違います。自分に合う検査薬を選択することはすごく大切だと思います。今までの販売経験と自分の使用感想を皆にお話しております。ご参考になれば、うれしいです。



排卵検査薬の選び方

排卵検査薬は排卵する前に分泌量が急激に増加する黄体形成ホルモン(LH)「LHサージ」を検出し、最も妊娠しやすい時期を予測するための検査薬です。「ヒト黄体形成ホルモン(LH)」は常に人間の尿中から検出されるホルモンですが、排卵する前に一時的に急増し、この増加をLHサージと呼び、LH値が最高に達した時点から24時間-48時間以内で排卵するといられています。この短かい時間の内に、卵子が精子と出会ったら、受精へと至ります。排卵検査薬を用いて排卵の正確な時期を知ることにより、受精の可能性を高めることができるのです。

当店販売している商品の精度は同じですが、ブランドにより、敏感度はちょっと違います。

WONDFO(高い) > A-check > DAVID(低い)

LH分泌量の少ない方なら、【Wondfo】【秀児】をお勧めします。
【Wondfo】、【秀児】の特徴は敏感度が高いから、LH分泌量の少なくても、排卵日の前後にテスト線がはっきり出て、排卵日を把握しやすいです。ただし、LH分泌量が多い人にとって、排卵ではない時期でも、薄いテスト線が出ます。
※【Wondfo】と【秀児】二つとも同じ会社の商品です。【秀児】は中国国内向け、【Wondfo】は海外向けの商品です。日本では【Wondfo】のほうが大人気です。
LH分泌量の平均的な方なら、【A-check】をお勧めします。
【A-check】は米医薬品局認可済、CE認証を取得しておりますので、好評を持ち数十ヶ国に輸出されています。敏感度は中間だから、非常に判断しやすい検査薬です。
LH分泌量の多い方なら、【DAVID】をお勧めします。
 
【DAVID】のほうですが、【Wondfo】の排卵検査薬より渋くて、LH分泌量の一番多い日(排卵日の前日)にテスト線が出ます。LH分泌量の少ないなら、排卵日の判定ができず、陽性反応が出ない恐れもあります。
LH分泌量が分からない方
【Wondfo】と【DAVID】両方とも少数量をご購入することをお勧めします。一ヶ月に自分の分泌量を把握するように、両種類も同時に使ってください。ここからご購入すれば、もっと安くなれます。

※排卵検査薬のおかけで、元気な女の子が生まれました!当店扱っている商品を試すため、毎日同じ時間にすべての商品を使っていました。私のLH分泌量が少ないので、【DAVID】では陽性にならない周期もあります。なので、私にとっては、高敏感度の【Wondfo】はわかりやすかったです。
早く妊娠したい方なら、スティックタイプ検査薬をお勧めします。
スティックタイプの検査薬は陽性になったら、12-28時間内に排卵と予測できます。(ほかタイプの検査薬は24-48時間)排卵日を把握しやすいです。採尿不要なので、職場でも簡単にチェックできます。

妊娠検査薬の選び方

排卵検査薬と同じように【Wondfo】、【秀児】の敏感度が高いから、朝一の尿を使えば、生理予定日の2日前から反応し始めます。自分の経験で、高温10日目、つまり、生理予定日の4日前に薄いテスト線がでました。すごかったね!